2007年08月08日

東洋 証券 中国 株

「アービトラージ(Arbitrage)」とは、日本では「裁定取引」とも呼ばれる、取引の方法の一つです。


 アービトラージとは、割安な資産を購入すると同時に、割高な資産の売却を行って、リスクなしで差益を得ることができる取引です。


 アービトラージは、どんな商品においても成立します――というのは、実際の市場では価格形成が非効率なため、理論的な商品価格が成立せずに、しばしば価格が「割高」「割安」となる現象が起こり得ます。そこで、将来において価格関係が正常化することを見込んで、割安な商品を購入し、割高な商品を売却する。その後、両者の価格関係が正常化した段階で、反対売買で清算することにより、差益を得るというわけです。


 よって、アービトラージは、分断された市場間において、商品の価格差が生じてさえいれば、どのような商品でも成立可能というわけです。


絶対に返って来ないと思って貸したお金が戻ってきて資金が出来たので、株式をして...
絶対に返って来ないと思って貸したお金が戻ってきて資金が出来たので、株式をしてみようと思います。金額は200万ほどです。証券会社のサイトなどはいいことばかり言っていていまいち信用ならないような気がしますので、株を始めるにあたって、初心者向けの解説などをしているサイトでお勧めがあったら教えていただきたいのです。よろしくお願いします。よろしければ、お勧めの証券会社なども教えていただけると助かります。(続きを読む)






posted by 株について at 08:55 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。