2007年10月19日

ミートホープ 株

投資信託の選び方ですが、その前にまず、投資信託とは何かについて簡単に説明しましょう。投資信託とは、投資家がプロに投資を託し(信託)、集められたお金を金融のプロが投資により運用した利益の分配を受けるという金融商品です。銀行の預金のように元本が保証されているわけではなく、資金の運用に失敗すれば投資したお金が減る可能性もあります。


ですから投資信託の選び方は、銀行に預金するのと違い、慎重にならなければなりません。


選び方について簡単に説明しましょう。投資信託は投資の対象としては株や債権、通貨などがあります。また、それが日本、特定の国、複数の国を対象としているものもあります。また、株価、債券価格、為替など、何が値動きに影響しているかを知る必要があります。このような基本的な部分をしることはもちろんですが、自分の大事なお金を預けるわけですからさらに慎重な下調べが必要です。


投資信託には目論見書や運用報告書といった資料がファンド(投資信託)ごとに用意されているので、これをよく読み、選び方の参考にして下さい。読むポイントとしては、投資対象があまり片寄ったもの、ファンドマネージャーがよく変わるもの、長期実績が低いもの、運用先をころころ変えるものなどは注意が必要です。投資信託にはさらに様々な要素が絡むので、自分なりに研究して選び方を研究する必要もあるかもしれません。


ミートホープの社長、ほとぼりが冷めたら、また同じことをするのでしょうか?
ミートホープの社長、ほとぼりが冷めたら、また同じことをするのでしょうか?なんか、なんでもしそうな顔をしている人ですね。記者会見での薄ら笑いもちょっとびっくり。また、偽装内容も凄い!まさに何でもあり。何でも入れちゃう。一瞬、中国かと思いました。もちろん、本人、家族は絶対に口にしないでしょうね。その儲けで、豪邸を建てているそうです。これから、中国の食材の問題で、在庫などを抱えているところは、売れなくなったら、おそらく、背に腹は変えられないので偽装販売に移っていくでしょうから、非常に恐ろしい。このような人は、二度と食に関する職業には就けないような法律を作ってもらいたいものです。「職業選択の自由」の自由にも限度があると思います。(続きを読む)




posted by 株について at 07:10 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。